腎臓病は一刻を争う病です|安易に考えては危険

Man

腎機能をサポートする治療

医者

世田谷区には複数の透析クリニックがあります。人工透析は週に複数回の頻度で数時間を要する事から、時間的な制約が大きくなります。そのため、世田谷区内でもアクセスのしやすい場所を選び生活面の負担を最小限に抑えることがポイントです。

Read More...

病気が引き起こす負の連鎖

治療せずにほうっておくと

医者と患者

近年、腎臓病の種類にかかわらず、腎臓の機能が持続的に低下した状態を「慢性腎臓病(CKD)」と診断するようになりました。慢性腎臓病とは、機能が慢性的に60%以下に低下している状態を指します。20歳以上の日本人のうち、8人に1人が慢性腎臓病であるとされます。慢性腎臓病は腎機能の低下だけでなく、心筋梗塞、脳卒中などの原因にもなるうえに、治療せずほうっておくと、末期腎不全へと進行する恐れがあります。では慢性腎臓病になると、人間の体にはどういう影響が出るのでしょうか。まず尿をつくる機能が衰えるために、たんぱく尿、血尿、夜間多尿などが現れます。これに加えて、血液をろ過する機能が落ちて、心筋梗塞などの心血管疾患や脳卒中が起こりやすくなります。

負の連鎖

さらに貧血にもなります。腎臓は、エリスロポエチンという造血ホルモンを産生していますが、このホルモンは赤血球つくる指令塔であるため、腎機能が衰えると血中の赤血球が減少します(腎性貧血)。貧血状態になると、心臓はより多くの血液を送り出すことで赤血球の不足を補い、全身に必要な酸素を届けようとフル回転します。つまり心臓に大きな負担がかかるのです。そして心血管疾患を起こすと、腎臓に十分な血液が流れなくなります。こうして、腎機能低下→貧血→心臓の負担増→心血管疾患→腎機能低下という慢性腎臓病が生み出す負の連鎖が完成します。腎臓病由来の心血管疾患で亡くなる患者さんは、年々増えているのが現状です。腎不全にならないためにも、腎臓病の予防と早期発見が何よりも大切です。

糖尿病と高額医療

患者

糖尿病が進行すると人工透析が必要になる場合があります。人工透析は高額医療に該当するため、申請すると助成を受けることができます。岡山には人工透析ができる医療機関が50件以上あります。自宅送迎システムは病院への送迎が困難な場合や、都合によって送迎ができないときにも利用することができます。

Read More...

ランキングサイトで選ぼう

医師達

より手軽に、より便利に利用できるようになってきた病院口コミのネットサービスです。ですがそこに現れる多数の情報をみずからのフィルターでもってきっちりと判断するようにしましょう。また、症状によって適している科目が異なるので、口コミサイトを活用して正しい病院選びをしましょう。

Read More...